ご存知ですか?
男性が訴える主な症状の1位は腰痛
女性は肩こりに次いで2位

多くの方が腰痛を経験しています。
しかし、エックス線やMRIで検査しても腰痛の原因がわからないケースが85%もあるんです。

人間はもともと4本の足で歩いていたものが2本の足で歩くようになったために、横に伸びていた背骨が縦に並び、力が垂直にかかるようになりました。
そのため背骨はまっすぐではなく、S字にカーブして負担を分散するようになりました。

背骨の硬い骨と骨の間には、クッション代わりの椎間板があります。
この椎間板にかかる力は、立っているときよりも、座って前かがみになっているときのほうが圧力が大きくなります。
(座っているよりも立っていたほうが楽なことがあるのはそのせいなんですね。)

背骨が縦に並んだために腰は上半身の重さに耐えなくてはいけなくなりました。
それだけでも負担なのに、長時間立っていたり、長時間座っていたり、前かがみになったり、ひねったり、重いものを持ったり、激しいスポーツしたり。
負担を分散するためのS字カーブが崩れ、どんどん腰に負担がかかり、そして腰痛に。

また、最近では精神的ストレスで腰痛になるという方も増えてきたようです。
え??と思われるかもしれませんが、ストレスが取り除かれると腰痛もなくなるケースもあるそうです。
現代が、いかにストレス社会かということですね。

腰の骨を支えるのには、腹圧も関係しています。
え?お腹?そう、お腹です。

腹圧を高めるには、腹筋や、横隔膜の力が必要になります。
(重いものを持ち上げるとき「うっ」と息を止めて持ち上げることはありませんか?これは知らず知らずのうちに腹圧を高めているんです)

腰痛がおさまったら、腰の周りの筋肉を鍛えるのと同時におなかの筋肉も鍛えてあげると腰痛の予防につながります。

こもれびは、まず、全身の緊張した筋肉を伸ばしその後、骨盤の調整、背骨の調整を行うことで前後、左右の筋肉のバランスを整えます。
そして、正しい姿勢が保てるようにし、腰にかかる負担を減らすようにしていきます。

他にもストレスや内臓疾患でも腰痛は起こりますが、まずは、骨盤調整をして、体を整え、自然治癒力を高めていきましょう。